AKAISHIと他社ブーツ比べてみました AKAISHIと他社ブーツ比べてみました

6cmブーツを比べてみました

  • 159ショートブーツ 1万8千円(AKAISHI)
  • 百貨店で購入した3万円の6cmブーツ

重心動揺距離
(立位安定性)の比較

  • (株)AKAISHI調べ

重心動揺距離とは、身体のぐらつきに伴う重心の移動距離を表したものです。
この距離が少ないほど安定しているといえます。上図の比較検証から、AKAISHIの6cmブーツは他社の6cmブーツと比べた場合に、重心のぐらつきが少ないといえます。

【結果】

AKAISHIのブーツはヒールが高くても安定感抜群

4cmブーツを比べてみました

  • 142フォールドブーツ 2万7千円(AKAISHI)
  • 百貨店で購入した3万円の4cmショートブーツ

足圧(足裏への荷重)の
分散比較

  • (株)AKAISHI調べ

上図の比較検証から、他社製品に比べて、AKAISHIのブーツはフットベッドが効率的に足への荷重を分散させて体重を支えているといえます。体重を支える負担を軽減することで、長時間歩くことにより親指などが痛くなるのを防ぎます。

【結果】

AKAISHIのブーツは外反母趾の方でも快適に履ける

ムートンブーツを比べてみました

  • 146ショートブーツスムース 1万8千円(AKAISHI)
  • 百貨店で購入した3万円の4cmショートブーツ

女性社員4人が真面目に履き比べてみました
(約1時間、距離5kmをウォーキング)

  • 百貨店のブーツは、ムートンブーツにありがちなゆるさと歩きにくさを感じました。158は、インソールが足にフィットしている感覚があり、歩きやすかった。(30代/女性)

  • 私の場合、百貨店のムートンブーツだと蹴り出し時の指すべりがひどくて。
    158では靴の中で指が滑ることがなく歩けました。(40代/女性)

  • 158はつま先が反り上がっているため、躓かずに歩くことができた。
    百貨店のブーツでは、坂道を歩くときに少しつまずいてしまった。(30代/女性)

  • 百貨店のブーツでは歩いていると突っかかりが気になった。
    158はそういったことはなく歩けた。(40代/女性)

約1時間を使って5kmをウォーキングしてもらった結果、AKAISHIのムートンブーツでは、インソールが足裏にぴったりフィットするため、ムートンブーツ特有の「ゆるい」「指が滑る」「つまずく」が発生しにくいようです。また、足が動くのを防止するため、余分な力が足に入らず、疲れにくくなります。

【結果】

AKAISHIのブーツは長距離を歩いても疲れにくい

AKAISHIのブーツは靴下でもストッキングでもサイズ調整できる

ブーツに関するお悩みで以外に多いのが「靴下の種類によるサイズ選び」。
靴下によってサイズ感が変わってしまうので、ブーツを購入する際迷われる方も多いのでは?AKAISHIのブーツには、全て調整用インソールが同梱されています。
そのため、靴下の厚みによってサイズ調整が可能ですので、サイズ選びも迷いません。

AKAISHIの
ブーツラインナップ