DaiichiTV てくてくBOO!
INTRODUCTION
アクティブな日々を過ごす「久保さん」が、いつもあったらいいなと思っていたのが、疲れない、痛くならない、仕事や冠婚葬祭、式典と1足で何役もこなす「万能パンプス」。
そんな久保さんの“欲しい”をAKAISHI×久保ひとみ コラボモデル第二弾として開発することになりました。
EPISODE#03

2018.9.05 UP

万能パンプスの全容を公開しちゃいます!

7月27日のテレビ放映で、視聴者の方に、「抽選で万能パンプスをプレゼントします」とお伝えしたところ、もの凄い数の応募があったと伺いました。あらためてパンプスという履物に対する関心の高さに驚くとともに、皆様の期待を満足させるクォリティを実現しなければならない責任をひしひしと感じております。
今回は「万能パンプス」の開発責任者の阿隅マネージャーとデザイナーの手塚さんに、機能の全容からこだわりのポイントまでくまなく語ってもらいます。

まず、「万能パンプス」の開発コンセプトは以下の3つです。

1履きやすさ・歩きやすさ
2使い勝手の良さ
3いろいろな場面で履けるキッチリ感

これだけ聞いただけでは、ふ~んといった感じですね。ただ詳細を聞いて頂くとその魅力が分かってもらえると思います。


1履きやすさ・歩きやすさについて

これは我々の最も得意とするところですが、久保さんのお仕事のように、朝から晩まで履きっぱなしでも疲れないレベルとなりますと、そう簡単ではありません。例えばこんな感じのチェック項目を20項目くらいクリアしなければならないんですよ。

□踵脱げしない
□くるぶしが当らない
□前すべりしない
□足指が圧迫されない
□屈曲が良い
□軽量
□クッションが良い
・・・・

こだわりのポイントですが~
まずは木型が一般的なパンプスとは全然違います。(木型とは履き心地の元になる型の事です。)
今回の開発では、外反母趾の方でも圧迫を受けないような足に優しい形状の木型をゼロからつくりました。
自慢しちゃいますけど、木型を自社でつくれる靴メーカーって少ないんですよ。


甲の部分にゆとりがある万能パンプスの木型


普通のパンプスと万能パンプスを正面から比較

但しパンプスの場合、足に優しい木型だと、かかとがパカパカするんですよね。普通のパンプスは
そうならないように、ゆったりではなく、踵あたりを強く締めるような木型になっています。
それを解決する為に、ボロネーゼ製法という手間のかかる製法を採用しました。この製法だと、
つま先部分だけが柔らかく屈曲するようにできます。つま先が柔らかく曲がることによって、
かかと脱げを防ぐ訳です。まさに、ゆったりフィットでかかと脱げしないパンプスなんです!

それからインソールもかなり複雑な構造になっています。足当りを良くするには柔らかいクッションが
必要です。でも柔らかいだけではだめなんです。表面はソフトで中は剛性がしっかりしているというのが、
理想です。剛性って!?大げさな と思うかもしれませんが、剛性が弱いと靴底がたわんだり、捻れたり
して足首が右へ左へふらついてしまいます。AKAISHIのパンプスはインソールの取り外しができる構造なので、このような複雑なインソールがつくれるわけです。


剛性が弱いと捻れて歩行にも影響が出る


万能パンプスは多重構造でクッションも剛性も◎


2使い勝手の良さ

人によっては、履きやすさ、歩きやすさ以上に重視するポイントです。
具体的には以下のチェック項目をクリアすることを目標としています。

□脱ぎ履きしやすい
□コツコツ音がしない
□汗や臭いが気にならない
□長持ちする
□お手入れが楽

脱ぎ履きのしやすさについては、ストラップを着けるか否かで非常に悩みました。確かにストラップが無い方が、脱ぎ履きしやすく、足もより美しく見えます。しかし履き心地や歩きやすさ、安定感は、断然ストラップがある方が上です。そこでストラップ付でも、ストラップの位置やゴムバンドを組み合わせることで、脱ぎ履きがしやすいように工夫しました。

コツコツ音がするのは、材質が硬いプラスチックでできているからです。AKAISHIではヒールも自社で製造しますので、ヒール硬度を少し柔らかめに設定。コツコツ音を無くすだけでなく、突き上げ感を軽減することもできました。

一日中履きっぱなしだと、汗や臭いも気になりますよね。中敷の生地も特別に抗菌、防臭機能の高い人工皮革を採用するつもりです。

最後に長持ちさせるための工夫ですが、長く履いていると、どうしても傷んでくる部分があります。ヒールの先端のリフト、ベルトのゴム、中敷の3つですが、この3つを交換できるように設計しています。交換に費用はかかりますが、傷んだパーツを交換すれば5年~6年は十分履けます。


ベルトのゴム


交換できるヒールリフト

あとこれは、我々からこの靴を履いて頂ける方々へのお願いなんですけど、革のお手入れをぜひして頂きたい。月に1度クリームを塗るだけでも全然違います。お顔と同様に革の敵は乾燥です。定期的に保湿をしている靴とほったらかしにされた靴とでは、本当に見た目が違うんです。


3いろいろな場面で履けるキッチリ感

ここで言ういろいろな場面ですが、ビジネス、就職活動、冠婚葬祭、卒入などの式典を想定しました。
さらに、久保さんからのリクエストで、雨の日でも履けるととっても便利という要望を頂いているのである程度濡れても問題のない仕様を目標としています。

□シーンを選ばず履ける。
□天候を選ばず履ける。

デザインについては、「まず足が疲れない」「痛くならない」ことが大前提ですので、ポインテッドトゥやアーモンドトゥはありませんね。つま先への圧迫負担が大きすぎます。足趾への負担をかけないトゥデザインとしてラウンドとスクエアがありますが、ビジネスシーンでより人気があり、幅広足にもより対応しやすいスクエアトゥを採用しました。

天候を選ばず履いて頂くには雨対策が必要ですが、これに関しては、特殊撥水レザーを採用する予定です。この特殊レザーは、革をなめす段階から撥水成分を十分に革に浸透させたものですので、本革でありながら撥水機能と効果の持続性は抜群。少し値の張るものなんですが、この素材を採用する予定です。


撥水加工していない一般的なレザー素材


万能パンプスに使っている特殊撥水レザー

せっかく冠婚葬祭や卒入学式のために買ったのに雨が降ったので、別の靴を履いて行くではもったいないですからね。

まだまだこだわりのポイントはあるのですが、以上が万能パンプスの全容です。
これなら久保さんにも、AKAISHIのお客様にも満足頂けるのではないかと思います。

次回は、何と万能パンプスのCM撮影の現場を紹介します。

ページの先頭へ