歩けるパンプスでウォーキング通勤

パンプス選びのよくある失敗

ウォーキングパンプス選びのよくある失敗

ウォーキングパンプス選びのよくある失敗

なぜパンプスで失敗しやすいのか

痛くなる原因

パンプスを履いて痛くなったり、疲れたりする原因の多くは、足のサイズにパンプスが合っていないからです。ヒールにまだ慣れていない場合はパンプスに慣れている方が一緒に見てあげると安心です。

痛くなる原因

足のサイズを知りましょう

足の足長と足囲を計り自分のワイズを知ることで、圧迫されて痛くなったり、緩くてすぐ脱げてしまって歩きにくい、ということがなくなり、ぴったりのパンプスを選ぶことができます。

サイズの測り方

足のサイズを知りましょう

AKAISHIのパンプスはウォーキング通勤に
必要なものが全部入り

AKAISHIのパンプスはウォーキング通勤に必要なものが全部入り
AKAISHIのパンプスはウォーキング通勤に必要なものが全部入り
  1. フィット感をサポートする甲ベルト
  2. 好印象のラウンド&スクエアトゥ
  3. 長く歩いても疲れないクッション
  4. 適度な4.5cmヒール
  5. 安定感のある接地面積の広いヒール
  • 黒の本革仕様
    黒の本革仕様
  • 雨にも強い撥水加工
    雨にも強い撥水加工
  • 足に合わせた調整サービス
    足に合わせた調整サービス
ビジネスシーンや冠婚葬祭

利用シーンが多い
パンプスは
痛くならない一足が
あれば安心です

  • Point.1

    外反母趾でも
    ゆとりのフィット感

    外反母趾でもゆとりのフィット感

    トゥボックス(つま先が収まる部分)は母趾側にゆとりを持たせたつくり。外反母趾の方でも窮屈さを感じることがありません。

  • Point.2

    疲れにくい
    ベストなバランスのヒール

    外反母趾でもゆとりのフィット感

    パンプスとしての見た目と履き心地を満たす、ベストな高さの4cmヒール。疲れを感じにくい理想的な荷重バランスに近付けます。

  • Point.3

    つま先に負担をかけずに
    歩行アシスト

    外反母趾でもゆとりのフィット感

    足を包むような仕上がりの袋製法、またはボロネーゼ製法を採用。つま先のロッカー形状と足の骨格に合わせた屈曲設計が歩行の負担を軽減します。

  • Point.4

    足裏が痛くならない
    クッション

    外反母趾でもゆとりのフィット感

    靴底は薄型でも高いクッション性があり、長い時間の歩行でも足裏が痛くなりにくいつくりとなっています。

通勤にぴったりなAKAISHIのパンプスラインナップ