母指球のあたりが痛くて足の甲にも痺れがある。なにから改善したらよいでしょうか

ご質問

母指球のあたりが痛くて足の甲にも痺れがある。革靴を履くと特に痛みが強くなります。

フットケア相談室

早速ですが、まずは拇指球の痛みです。人の足底は中年以降になると足の表層にある脂肪層が痩せていきます。脂肪層はクッションの役割をしますので、この状態で底が薄い、硬い靴やヒールの高い靴を常用していると拇指球の奥にある関節への衝撃が吸収しきれず負担増となり炎症を起こすことがあります。またフィット感が良くない靴を履くと、足が靴の中で動いてしまいますが、このことによって母趾球に過剰な負担がかかって痛くなる場合もあります。

対策としては、足にフィットする履物でクッション性があるものを履けば拇指球の痛みは緩和することができると思われます。

続いて甲の痺れとありますが、この情報だけでは正確なアドバイスは難しいのですが、例えば、痛みや痺れが起きる場所が、3趾と4趾の間で特にその場所に重心が掛かる時にかなり鋭い痛みが出るのであれば、モートン病の疑いがあります。何となく足の甲が痺れる感じがする、特別な痛みは無いという事であれば、圧迫されて血行が悪くなったことによる痺れかもしれません。

いずれにしても、まずは履物の改善から対処されてみてはいかがでしょうか。

この相談内容をシェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!

フットケア相談室 監修

株式会社AKAISHI 代表取締役
保健学博士
靴医学の権威、新潟医療福祉大学大学院の阿部薫教授に師事。専門分野は保健学で、足の悩みの改善や、靴の機能向上のための研究をしている。
所属学会
・日本整形靴技術協会(専務理事)
・日本靴医学会