ご利用ガイドに戻る

ポリウレタンが使用されている商品の加水分解現象について

ポリウレタン素材は、摩耗に強く複雑な形状にも加工できるため、機能を追求するAKAISHI製品の靴底やストラップ等に広く使用されています。
しかしながら材質の特性上、長期保管すると、使用頻度にかかわらずベルトがベタついたり靴底が破損したりする場合があります。

この現象は「加水分解」といい、使用されているポリウレタンが水や空気中の水分にふれることで化学反応を起こし分子結合がもろくなることで、形状を保てなくなり剥がれ、ひび割れベタつきの原因となります。一般的には製造より5年以上たつと影響が表面化してくる言われていますが、高温で水分がある状態の下では早く進みます。

【加水分解の例】

以下に注意することで、長く使用いただくことが可能になります。

長期保管を避ける

購入時の箱などに入れて長期保管する場合、箱材の紙自体が湿気を含むので、除湿剤を使用しても万全ではありません。湿気に影響されない容器に除湿材と一緒に収納してください。さらに定期的に除湿材を交換することをお薦めします。

一定の頻度で使用する

靴には空気が対流し難いすき間があります。クッション素材には常に空気が内包されていますし、パーツ同士のすき間にも空気が存在します。これらの空気は、履いて歩くことですき間から空気が押し出され、新しい空気と入れ替わります。このようにある程度の頻度で履くことで加水分解を防ぐことができます。

濡れたり、汚れたりしたらその日のうちに汚れを落とし乾かす

雨天などで靴が濡れた場合は、そのまま下駄箱に入れず、風通しの良いところで影干ししてからしまうようにしてください。また汚れを拭き取る際には、酸性やアルカリ性の洗剤を使わず、中性洗剤をご使用ください。加水分解を早める恐れがあります。
また湿気対策として防水スプレーをまめに塗布することをお薦めします。

中古品の購入を避ける

中古品は、どのように保管されていたかが分かりませんので、ポリウレタンが使用されている弊社商品の中古品の購入はお薦めできかねます。また弊社では、中古品の返品や交換については対応しておりません。

加水分解する可能性があるポリウレタン(ウレタン)が使われているか否かについては、商品ページの「材質」や一足箱に同梱されている取説でご確認できます。